RSS | ATOM | SEARCH
答えは全て現場にある
JUGEMテーマ:住宅





答えは全ては現場にある







どんなに素晴らしい事をHPで謳っていようが、どんなに良い事を社長や
営業マンが言っていようが、実際の現場と違っていたら全ては所詮絵空事。







家を建て、設備を取り付け、内装を仕上げ、屋根を葺くのは現場の職人さん達。






社長が、家を建てているわけでもなく、営業マンが家を建てているわけでも
ない事を肝に銘じておかないと、後で後悔する可能性が大きい。







現場の大工さんが資材を丁寧に扱い、釘一本でも大事にしているところ
(工務店)はお施主さんに喜んでもらおうと、プライドをかけて家を造って
いる。







何かトラブルが生じても最善の策を考え、何とかしようと努力する。







ごくごく当たり前の事なのだが、実際はなかなかそのような現場を見る事
は稀なので、困る。







会社(ハウスメーカー、工務店)に不満のある業者は取り敢えず見てくれが
問題なければ別に構わないと思って仕事をしている職人が殆ど。
自分の家と思って丁寧な仕事をしようと思っている職人はいない。






労力は出来れば使わないに越したことはないというスタンス。







何か問題が起きた時も、責任者やお施主様に知られなければそのまま済まそ
うという考えの職方が大体多い。







断熱材や素材、耐久性、省エネ性にこだわりを持っていない工務店は論外だ
が、それを取り入れていても現場がきちんと機能していない、丁寧に施工し
ていなければ、それはそれで全く意味をなしていない。







C値、Q値、K値の数字がいくらHPで良かろうが、いくら営業マンが美辞
麗句を並べようが実際の現場の数値は違ったものになるし、C値等は現場で
いくらでも誤魔化す事が出来るのが現状。







全てを疑って掛かるのはもちろん良いことではないが、事実そのような工務
店、ハウスメーカーは存在している。







だから現場が重要なのである。







本当に家族の為に安全で住みやすく、あとあとトラブルが発生しないように
と考えている人は絶対にいろいろな会社の現場を見たほうがよい。







素人でも何回も現場を見ていればおのずとここはきっちり仕事をしているな
とか、ここは結構雑だなとか感じ取れるようになってくるはず。







あと現場が汚く、整理整頓ができていないところは仕事の効率も悪く、段取
りができていない為、人件費が余計に掛かっているケースが多く、結果住宅
の価格に反映されるのでそこもきっちりチェックしておいたほうが良い。







職人さんの愛想で判断するのではなく、現場での丁寧さや資材(商品)を大
事に扱っているかをまず評価するほうが重要。





愛想や感じが良ければプラスアルファとして考える位で十分かと思う。







気が向いたらクリックお願いします
ビジネスブログ100選

author:迷った人を導く案内人, category:安心工務店, 05:21
-, -, - -
■工務店選びのポイント
◆注文住宅で一番重要な業者選びのポイントとは?◆

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

◆あなたなら何を基準に業者比較しますか?

◆散乱する様々な広告、キャッチコピー!

◆重要なのは棟数?それとも確実な技術と信頼性?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


TVCM・雑誌・書籍・メルマガ・ブログ等々世の中には「注文住宅」に関する情報が実に多くの媒体を
通して掲出されています。

というか住宅情報は散乱していますね。



勉強や研究すればする程解らなくなってくるのがこの「一戸建て」「注文住宅」というものです。

よく解らなくなったら原点に戻って考えよと言われますが、自分が、家族全員が幸せにこの先何十年
も過ごせる
「家」には何が大切なのか「構造(地震・火災対策)」「間取り」「価値感(将来設計考慮)」「性能」を
今一度シンプルに考えると見えてくる部分がありますが、営業マンの一言やキャンペーン、予算等に
影響されるとこの一番大切な部分を忘れ目先の欲に翻弄されて失敗します。


あるハウスメーカーは着工棟数日本一を売りに広告宣伝しています。
ある工務店は創業年数を必ずキャッチコピーの前に入れます。
エコをや地球環境をキャッチコピーにしているところもあります。
サポートや建築後の保障を売りにしている工務店、メーカーがあります。


さて、あなたは何を信用し何に疑問を持ちますか?

【緊急報告】
上記に記載した「タマホーム」ですが、まっ、こんなものです。
http://www.nikkeibp.co.jp/news/const07q1/529623/


そもそも各社のHPに記載されている広告宣伝、キャッチコピーなんぞはいい事ばかりしか書いてい
ません・・・当たり前ですが。

殆どの展示場、支店、モデルハウスに行ったところで「当社のここに力を入れています。他には負けません・・・」という言葉しか聞きません。

まあ極まれに自社の短所を言ってくれる工務店の社長がいらっしゃいますがこんな奇特な方が経営している工務店には滅多に当たりはしません。

ところで着工棟数日本一って信頼できますか?
全国で同じほぼ性能を持つ注文住宅が出来ると本当に信じていますか?

この種の内容の質問は決して営業マンに聞いてはいけません愚問です。
返ってくる答えは解っていますから。

実際にそのメーカー、工務店で建てた方のレビューを10以上読めばおのずと答えは出ます。
そこに真実の一端がある筈です。

単純に考えて棟数日本一を争う現場では何が最優先されるかあなたがそこの現場監督者だとしたら答えは見えてきますよね。



お客様の満足度でしょうか?それとも・・・。


そのように考えていけば注文住宅で「ほんとうにいい家」を創ってくれる業者選びの一つのキーポイントは解りましたよね。


そうです。


施主のためにじっくり確実に時間を掛け丁寧に作ってくれる業者の方がそこの部分では良いに決まっています。
ただしこの時間というのも経費に影響する肝心なカテゴリなので「効率よく」という条件が付きます。

地元では評判の高いある工務店の社長さん曰く目利きの出来る棟梁(社長)がキチンと確認できる棟数は年間30棟が限界と仰られていました。(この棟数は重要なキモとなります)


人間にはなんにつけても限界があるようにどんな名人、達人にも限界があります。
その限界を超えると必ず質の低下に繋がっていきます。

例を挙げれば行列のできる繁盛ラーメン店が限定何食と決めていたりするのにも意味があると言う事。

繁盛しているからといって急激に出店していくと必ず質の低下を起こし評判を落としたお店をあなたも聞いた経験がある筈です。

住宅も一緒です。



今回はここまで。


次回は続きでこのキャッチコピーに惑わされないために業者選びの本質の部分をまた更に掘り下げてお伝えしたいと思います。





気が向いたらクリックお願いします。
ビジネスブログ100選


***************************************************************
住宅ローンの種類はこれだけあります。
あなたに合う住宅ローンはどれ?

■保証料(例2,500万の場合⇒約50万)が0円、借りるときにお得!
繰り上げ返済手数料が0円、1万円から対応。(インターネット経由の場合)
全国どこでも対応可能、24時間インターネットで相談申し込み可能。
返済用口座は全国1,000以上の金融機関。
8疾病保障特約が付帯可能。
住宅ローンの借換相談

■こんな悩みありませんか?
・消費者金融に借入がある
・過去に延滞がある
・住宅ローンの債務権が整理回収機構に移ってしまった
・自営業だから借りれないのではないか
・派遣社員でも大丈夫?
・住宅ローンが返せなくなってきた

借りられない・返せないを含めた住宅ローン相談
***************************************************************

■お伝えしたい事
このブログは工務店の宣伝日記でもなく、施主の建築日誌でもありません。
1人のNPO法人に携わる人間が、これから注文住宅を考えているあなたに家族がみんな笑顔になる
「完璧な家造り」をしてもらいたいという思いの元、信頼できる情報を発信していきます。
当ブログは実際にお会いした社長、工務店、専門家や、実際に見て触って検証済みの安全な部材、
素材等の情報を公開しています。


***************************************************************
※こんなグループ会社で家を考えたら大変な事になります。
http://koumuten.imasugu.jp/
技術力も無く、本当に施主の為にいい家を作ろうという気もさらさら無く、
小手先の集客方法、宣伝の仕方だけを旨く利用し金さえ儲けられればいいと
言う考えで運営している工務店グループ。
考えて見て下さい、10人で年間200棟以上受け持っていい家がはたして
建つと思いますか?
現場監督はいったい何棟掛け持ち?
その全ての現場を把握出来る?⇒大工さん設備業者に丸投げ?
***************************************************************





author:迷った人を導く案内人, category:安心工務店, 01:55
-, -, - -
■現場見学会・住宅展示場のここが大事
■行動に移しましょう!

前回は「知識武装をしましょう」で終わっていました。
最低限の「知識武装」があれば「現場見学会」「住宅展示場」に行った時
少なくとも技術がある会社か否かをある程度見極められるようになります。

TVコマーシャルや会社が作成するパンフレットがどんなにイメージが良く、
どんなに豪華で、どんなに綺麗だったとしてもその家を造るのは職人さんです。

住宅メーカーの営業マンでもTVCMの製作会社でも印刷会社でもありません。

ここが一番大切な所です。


得てして技術力が無い所に限ってキャンペーンや過剰サービスに走りたがります。
(そこを強化していきます、目先の契約を取るには一番手っ取り早い方法ですからね。)
この事は前にも少し書いたのですが、すごく重要な事なので今一度覚えておいて下さい。


本当に良い工務店、建築事務所は黙っていてもそこで建てたお客様が勝手に無料で宣伝してくれて、
新たなお客様を呼んできます。
これは実際最も信頼でき、費用の掛からない広報です。

その為あまりサービスや宣伝を得意とする工務店は大手を除き一般的に少ないという傾向があります。

だってお客様が次から次ぎに来る所には宣伝はあまり必要ありませんから。
まぁ施主に対する最低限のモラルは必要ですが、大体そのようにしっかり
した会社は自社の従業員教育管理も出来ていますから大丈夫です。



もし、通勤途中やショッピングの道中で建築現場があったら少しだけ時間を
割いて現場の状況を観察してみて下さい。


■職人さんは効率よくテキパキ動いているか。

■作業現場は綺麗か。
 キチンと整理整頓された中で仕事しているか。
 作業後、掃除が行われているか。

■連携がスムーズに行われているか。



等々でしたら少しの時間で雰囲気は読み取れると思います。

たまたま基礎のコンクリートを打っている場面に合った時は日にちを確認しておいて
養生期間や養生の方法を見ると簡単にそこの会社の住宅に対する取り
組み方を見て取る事が出来ます。

基礎工事は時間と労力が掛かります。
でもそこで人件費、材料費を削減しようと手抜きをするといい家は建ちません。
一般的にはあまり認知されていませんが、判断基準の【最重要ポイント】と言っても過言ではありません。

基礎は住宅で一番要になる所ですから注意深くチェックして下さい。
チェックの仕方が良く解らない人はコメント欄に連絡頂ければお話致します。

展示場ではこのような住宅の中身、隠れた部分は見る事が出来ないので、
様々な始末をチェックします。

「壁紙」「塗り壁」「床からの立ち上がり」「建具」等々。

システムキッチンや浴槽なんかを見るよりはずっと重要な部分です。

何故ならシステムキッチンや浴槽などはキチンとした検査基準の下で
造られているので欠陥は殆ど出ませんし例え出た場合でも交換は容易です。

使い勝手は各メーカーによって多少違いはあるとは思いますが、あなたが
購入するのは住宅であってシステムキッチン等は付属でしかないからです。

注文住宅の場合、変更はいくらでも利きます。

しかし「家」は建ててしまったら変更、交換は利きません、だからチェック
するポイントを勘違いし見落とすと後悔先に立たずとなってしまいます。
納得出来ない家でこの先何十年も暮らしていく事はかなりのストレスを
抱えて生活する事になります。


あなたはそんな状況耐えられますか?


だから展示場では営業マンがアピールする壁材がどうだとか当社が研究開発
した外壁がNO1だとか云々という言葉に耳を傾けるというよりは上記のチェッ
クを怠らないで下さいね。


私はこれから家を建てようとしている、又は考えている方達に大手ハウス
メーカー、大手工務店はあまりお薦めしていません。

何故なら上記のチェックポイントをクリアーしている所(展示場)があまりにも少ないからです。

少し前に書いた「換気」「空気」でも?マークが付く所が比較的多いのも原因かな?

勘違いしないで欲しいのはすべてのハウスメーカーがそうではないと言う事です。
キチンとした工務店、建築会社が建てればどこの家でも出来上がりのいい家
は造れます、その家の持つ性能は別として。


ただ、私が行った展示場の幾つかがそのような傾向がありましたので私はあまりお薦めしないだけです。


ではこのような内容を頭に入れて「展示場」「現場見学会」に積極的に行って見ましょう。

そして積極的に質問してみましょう。
そこの会社の方針や教育管理も確認できます。


とにかく場数をこなしていくと今まで見えなかったものが見えるようになってきます。

そうなった時あなたの「知識レベル」と住宅に対する「経験値」は知らない間にアップしている事でしょう。


自然と見極める力がついている筈です。


次回は工務店を探す時に参考になる書籍の紹介とまたまたそこでのチェックポイントを書きたいと思います。



追記:これ移動する時に便利です。3Dってすごいですね!



気が向いたらクリックお願いします。
ビジネスブログ100選


***************************************************************
住宅ローンの種類はこれだけあります。
あなたに合う住宅ローンはどれ?

■保証料(例2,500万の場合⇒約50万)が0円、借りるときにお得!
繰り上げ返済手数料が0円、1万円から対応。(インターネット経由の場合)
全国どこでも対応可能、24時間インターネットで相談申し込み可能。
返済用口座は全国1,000以上の金融機関。
8疾病保障特約が付帯可能。
住宅ローンの借換相談

■こんな悩みありませんか?
・消費者金融に借入がある
・過去に延滞がある
・住宅ローンの債務権が整理回収機構に移ってしまった
・自営業だから借りれないのではないか
・派遣社員でも大丈夫?
・住宅ローンが返せなくなってきた

借りられない・返せないを含めた住宅ローン相談
***************************************************************

お伝えしたい事
このブログは工務店の宣伝日記でもなく、施主の建築日誌でもありません。
1人のNPO法人に携わる人間が、これから注文住宅を考えているあなたに家族がみんな笑顔になる
「完璧な家造り」をしてもらいたいという思いの元、信頼できる情報を発信していきます。
当ブログは実際にお会いした社長、工務店、専門家や、実際に見て触って検証済みの安全な部材、
素材等の情報を公開しています。


***************************************************************
※こんなグループ会社で家を考えたら大変な事になります。
http://koumuten.imasugu.jp/
技術力も無く、本当に施主の為にいい家を作ろうという気もさらさら無く、
小手先の集客方法、宣伝の仕方だけを旨く利用し金さえ儲けられればいいと
言う考えで運営している工務店グループ。
考えて見て下さい、10人で年間200棟以上受け持っていい家がはたして
建つと思いますか?
現場監督はいったい何棟掛け持ち?
その全ての現場を把握出来る?⇒大工さん設備業者に丸投げ?
***************************************************************




author:迷った人を導く案内人, category:安心工務店, 06:52
-, -, - -