RSS | ATOM | SEARCH
■本当にいい家とは

家に対する価値基準や思い入れは人それぞれ異なります。

しかし、これだけは言えます。


どうせ住むならデザイン(外観、内装)間取りや設備(システムキッチン、化粧台、トイレ、浴室等)の満足だけではなく、
『生活環境』 ⇒ 『空気』『温度』『湿度』がきちんとコントロール出来る家であること。

一番望ましいのは自然素材をふんだんに使用し、個別換気で空気の流れを作り、特に重要な『湿度』が常に40%〜60%にコントロール出来るように施工された家です。大げさな24時間計画換気に頼らなくとも気密がちゃんと取れていれば問題はありません。

その為には断熱材の選定が必要になりますし、内装にビニールクロスを使用するなんて言語道断。数年も経てばクロスとボードの間はカビだらけになります。

 

化学断熱材を使用し、体に間違いなく悪いビニールクロスや珪藻土でも樹脂を多く含みVOCを排出するものを内装に使う場合は大げさな24時間計画換気の設置が必要になります。(G社のフ●ク●やP社の機器)

これはイニシャルコストとランニングコストの浪費以外のなにものでもありません。大げさな24時間換気システムを取り入れている大手ハウスメーカーは上記の理由があり取り付けざるを得ないと言うのが本当のところでしょう。

 

そんなにお金を掛けなくとも透湿性のある断熱材を使用し、内装も透湿性のある壁紙か塗り壁を使えば問題ありません。個別換気でも24時間換気が義務づけられているのでそこを外す事はできませんが・・・。
ただし、化学断熱材はあまりお勧めできません。


断熱材も生産している会社のHPを見ると良いことばかりの記載ではっきりいってあまり参考になりません。


それぞれ長所短所がありますが、その辺をきちんと分析してあって尚且つ今まで実際に施工し本当にどの断熱材がトータルバランスで優れているかを記載している工務店や断熱材を施工している業者のコメントを調べる必要があります。


私が現在存在する断熱材で安全性で一番信頼でき、調湿性能に長け、高気密の家の欠点である反響音を緩和できるものとしてトータルバランスに優れているのは【セルロースファイバー】だと思っています。

賛否両論はあるかも知れませんが、私はこの断熱材以外は使用したくありませんね。


実際に施工した家で真夏、真冬の室内温度変化、空気、湿度を体感しましたが非常に満足できるものでした。


唯一気をつけなければいけないのが、施工業者の技術力で性能がかなり変わってきてしまうというところでしょうか。

壁なら1嵎佞蠅忘把磴任5kgは吹きこまないと経年で沈下を起こす可能性があります。

また筋交いがある場所には隙間無く吹き込むノウハウも必要です。

 

人間が一生で体の中に取り込む物質で一番多いものは空気って知っていましたか?
空気だけで実に83%を占め、次いで飲み物が約8%食べ物が7%となっています。


その空気も屋外で吸う量は全体の10%にすぎなく、室内で90%、自宅でその中の大半75%を体内に取り込んでいるのです。


生涯で吸う空気の75%が自宅の空気。
もし、その自宅の空気がカビの胞子、ダニの死骸で汚染されていたら・・・。

アレルギーやアトピーが近年急に増加しているのも納得できますね。
単一ガラスのアルミサッシや壁内結露を起こす間違った施工と結露が起きやすい断熱材の使用が殆どの原因であることは言うまでもありません。

 

本当にいい家とはそこに住む家族がず〜と健康を損ねることなく安全でヒートショックが起こらない温度のバリアフリーを備えた家ではないでしょうか。


外観や設備のこだわる事もいいのですが、健康を害する家では全てを失いかねませんから。

 

気が向いたらクリックお願いします。

ビジネスブログ100選 **************************************************************住宅ローンの種類はこれだけあります。あなたに合う住宅ローンはどれ?

■保証料(例2,500万の場合⇒約50万)が0円、借りるときにお得!繰り上げ返済手数料が0円、1万円から対応。(インターネット経由の場合)全国どこでも対応可能、24時間インターネットで相談申し込み可能。返済用口座は全国1,000以上の金融機関。 8疾病保障特約が付帯可能。

住宅ローンの借換相談

■こんな悩みありませんか?・消費者金融に借入がある・過去に延滞がある・住宅ローンの債務権が整理回収機構に移ってしまった・自営業だから借りれないのではないか・派遣社員でも大丈夫?・住宅ローンが返せなくなってきた

借りられない・返せないを含めた住宅ローン相談 ************************************************************** ■お伝えしたい事 このブログは工務店の宣伝日記でもなく、施主の建築日誌でもありません。 1人のNPO法人に携わる人間が、これから注文住宅を考えているあなたに家族がみんな笑顔になる「完璧な家造り」をしてもらいたいという思いの元、信頼できる情報を発信していきます。当ブログは実際にお会いした社長、工務店、専門家や、実際に見て触って検証済みの安全な部材、素材等の情報を公開しています。 ************************************************************** ※こんなグループ会社で家を考えたら大変な事になります。 http://koumuten.imasugu.jp/ 技術力も無く、本当に施主の為にいい家を作ろうという気もさらさら無く、小手先の集客方法、宣伝の仕方だけを旨く利用し金さえ儲けられればいいと言う考えで運営している工務店グループ。考えて見て下さい、10人で年間200棟以上受け持っていい家がはたして建つと思いますか?現場監督はいったい何棟掛け持ち?その全ての現場を把握出来る?⇒大工さん設備業者に丸投げ? **************************************************************
author:迷った人を導く案内人, category:家を建てる前に, 03:01
comments(0), trackbacks(0), - -
■中途半端な知識は家をダメにする



JUGEMテーマ:住宅



====中途半端な知識なら無いほうが良い====






最近住宅のコミュニテイを見たり、家を建てようとしている方達にお会いして相談を受ける際に
感じる事があります。






中途半端な知識は逆に本物を見逃してしまう

ということです。






私はSNSの「mixi」にも住宅関係のコミュニテイを持っていてそこでこのブログを公開して
いますが、他にも幾つか勉強の為に「コミュニテイ」に入っています。

あるコミュで『風水』や『家相』について参加者がコメントを思いのまま入れていました。

私自身この『風水』や『家相』についてそれ程詳しくはありませんが、それでもそのコミュ内で
書かれている事に疑問というかそれは明らかに違うだろというものがありました。






そもそも『風水』と『家相』は似ているようで違うものです。
それは勉強すれば誰でもその位は理解できるようになります。
簡単に説明すると風水も家相もそこに住む人の生まれた年、時間、性別によって見方が
それぞれ異なってきます。方位による鬼門や張り欠けだけでは決してありません。


また風水にはあまり良いとされない間取りや方角を修復する方法もあります。


しかし、そのコミュでの書き込みはその基本的な事すら解っていない方達が勝手に自分の主観や
ちょっとインターネットで調べたこと、知人から聞いた情報で誤った情報を書き込んでいました。


相談者もその助言者達の誤った情報で納得していました。






ハッキリ言って無駄な時間と無駄なやり取りです。


風水や家相を考える事が良い悪いではなく中途半端な知識が全てをダメにしていました。
やはり相談はその分野の信頼おける専門家に相談しなければ意味がない。
ブームにのって適当な事を書いている本やTVに出ている怪しい人、周りのひとづての情報を
聞くのではなく、きちんとした専門書を何冊も購入し、勉強する事が大切です。


住宅は数千万という大きな買い物ですから、やるからには真剣に勉強しなくてはなりません。


住宅というものは非常に奥が深く、えてして中途半端な知識が本物を見定める時に邪魔をする
事が意外と多くあります。





例えば住宅性能比較でよく出てくる「C値」「Q値」があります。
大手ハウスメーカー各社や一部の工務店は一応数字を公開していますね。
http://www.towntv.co.jp/2009/11/cq.php(参考資料)



素晴らしい数値=快適な家(住み心地、健康、適正価格)とは必ずしも言えない

何故か?



私はC値1.0以下、Q値1.2以下であれば大掛かりな24時間換気システム(第一種)、床暖房等
必要ないと考えています。

実際に上記の数値で第三種換気(給排気局所換気)、省エネの暖房器具で非常に快適になる家を
知っていますし、夏、冬と体感しています。


隙間が無く高断熱で基本性能が高い家ならば、局所換気で十分空気の流れを作れますし、家中
熱は対流しますので、殆ど温度差は無くなります。
ということは大掛かりな暖房システム(全館空調や全館床暖房)など費用が掛かるものはいらなく
なってしまうのです。



それから建てたばかりの数値は良いが、経年で性能が落ちてしまう資材を使っている
ハウスメーカー、工務店はこれも×です。



壁内結露を起こす可能性がある工法、断熱材、低い施工レベルを行っているハウスメーカー、
工務店、これも×です。




冒頭に書いた中途半端な知識というのはお施主様だけではなく家を造る側にももちろん当て
はまります。

そして「家を造る側」に問題が多いのがこの業界だということをまず認識して一生懸命勉強し、
中途半端ではなくきちんとした「知識」と「情報」を持つことから始めなければいけません。


どのようにして学べば良いか分からない人はこのコミュに入会すればその方法をお伝えできます。





mixi登録はこちらから
http://mixi.jp/






登録後にこちらからログイン
http://mixi.jp/view_community.pl?id=267790




【住宅力アドバイザー】
※今日も気になる裏情報
施主の皆さんは住宅で一番大切な部分「基礎」にこだわっていない方が多いようです。
どうしても上物に目が行きがちですがシッカリと各社の基礎への取り組み方をチェックして
おきましょう。
この「基礎」を疎かにしていない所はかなり信頼度が高いですよ。




気が向いたらクリックお願いします
ビジネスブログ100選
**************************************************************

author:迷った人を導く案内人, category:家を建てる前に, 20:18
-, -, - -