RSS | ATOM | SEARCH
答えは全て現場にある
JUGEMテーマ:住宅





答えは全ては現場にある







どんなに素晴らしい事をHPで謳っていようが、どんなに良い事を社長や
営業マンが言っていようが、実際の現場と違っていたら全ては所詮絵空事。







家を建て、設備を取り付け、内装を仕上げ、屋根を葺くのは現場の職人さん達。






社長が、家を建てているわけでもなく、営業マンが家を建てているわけでも
ない事を肝に銘じておかないと、後で後悔する可能性が大きい。







現場の大工さんが資材を丁寧に扱い、釘一本でも大事にしているところ
(工務店)はお施主さんに喜んでもらおうと、プライドをかけて家を造って
いる。







何かトラブルが生じても最善の策を考え、何とかしようと努力する。







ごくごく当たり前の事なのだが、実際はなかなかそのような現場を見る事
は稀なので、困る。







会社(ハウスメーカー、工務店)に不満のある業者は取り敢えず見てくれが
問題なければ別に構わないと思って仕事をしている職人が殆ど。
自分の家と思って丁寧な仕事をしようと思っている職人はいない。






労力は出来れば使わないに越したことはないというスタンス。







何か問題が起きた時も、責任者やお施主様に知られなければそのまま済まそ
うという考えの職方が大体多い。







断熱材や素材、耐久性、省エネ性にこだわりを持っていない工務店は論外だ
が、それを取り入れていても現場がきちんと機能していない、丁寧に施工し
ていなければ、それはそれで全く意味をなしていない。







C値、Q値、K値の数字がいくらHPで良かろうが、いくら営業マンが美辞
麗句を並べようが実際の現場の数値は違ったものになるし、C値等は現場で
いくらでも誤魔化す事が出来るのが現状。







全てを疑って掛かるのはもちろん良いことではないが、事実そのような工務
店、ハウスメーカーは存在している。







だから現場が重要なのである。







本当に家族の為に安全で住みやすく、あとあとトラブルが発生しないように
と考えている人は絶対にいろいろな会社の現場を見たほうがよい。







素人でも何回も現場を見ていればおのずとここはきっちり仕事をしているな
とか、ここは結構雑だなとか感じ取れるようになってくるはず。







あと現場が汚く、整理整頓ができていないところは仕事の効率も悪く、段取
りができていない為、人件費が余計に掛かっているケースが多く、結果住宅
の価格に反映されるのでそこもきっちりチェックしておいたほうが良い。







職人さんの愛想で判断するのではなく、現場での丁寧さや資材(商品)を大
事に扱っているかをまず評価するほうが重要。





愛想や感じが良ければプラスアルファとして考える位で十分かと思う。







気が向いたらクリックお願いします
ビジネスブログ100選

author:迷った人を導く案内人, category:安心工務店, 05:21
-, -, - -